2008年07月07日

029:杖(水風抱月)

君が突く杖の先にも土は在り 支ふ大地の強さを思ふ

posted by 水風抱月 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

028:供(水風抱月)

願い事祈る代わりに笹結び 夫婦の幸を星河に供ふ

posted by 水風抱月 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

027:消毒(水風抱月)

凍みるなら我慢しないでと消毒液 素直に言える筈ないでしょう?
posted by 水風抱月 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

026:基(水風抱月)

憂国の暴徒を指して「国担う基盤たり得ぬ」人は嗤えど
posted by 水風抱月 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

025:あられ(水風抱月)

山桜 手折らるるままあられなき姿晒して里山に朽ち
posted by 水風抱月 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

024:岸(水風抱月)

彷徨える八ツ嶺の月山岸へ 夜毎砕かれ星と流るる
posted by 水風抱月 at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

023:用紙(水風抱月)

色彩も、音さえ持たず画用紙へ 詩人は描く 言霊の舞
posted by 水風抱月 at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

022:低(水風抱月)

散りてのち 花の紅よりなお赫く 低きを染める桜の屍
posted by 水風抱月 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

021:サッカー(水風抱月)

小さくも守るに広きサッカーのゴールのようなわたくしの傷
posted by 水風抱月 at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

020:鳩(水風抱月)

聞こえても、実る恋など種もなし 朝餉の途中、鳩の啼く声
posted by 水風抱月 at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

019:豆腐(水風抱月)

「チコ借りまーす!」思い出深いは豆腐より、散歩のお駄賃アイスクリーム
posted by 水風抱月 at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

018:集(水風抱月)

彼の世界 群衆熱狂させ乍ら 捕食者の眼で私を見てゐる
posted by 水風抱月 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

017:頭(水風抱月)

空涙 天は静かに注ぎおり 遮るものなき吾が頭上へと
posted by 水風抱月 at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

016:%(水風抱月)

口付けた陶酔誘う琥珀色 40%のアルコォル分
posted by 水風抱月 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

015:アジア(水風抱月)

金色のボトルに詰めたアジアの香 漆の黒艶未だに遠く


蛇足。
posted by 水風抱月 at 03:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

014:泉(水風抱月)

風吹かば空に土にと舞う花の紅吹き出でるさくらの泉
posted by 水風抱月 at 03:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

013:優(水風抱月)

今は未だ、偽善と呼ばれて構わない 信じ切れない己の優しさ
posted by 水風抱月 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

012:ダイヤ(水風抱月)

彼の弾くダイヤグラムを真似るけど 慣れぬ指先、紅滲む弦
posted by 水風抱月 at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

011:除(水風抱月)

気紛れの掃除の最中、手を止めた 祖父母の名残 瓦落多の内
posted by 水風抱月 at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

010:蝶(水風抱月)

夢かしら、瞳掠めて消えてゆく 夏の風花、冬山の蝶
posted by 水風抱月 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 碧星の凪(題詠blog '08) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。