2006年09月11日

007:揺(水風抱月)

恋し朋その幼子を抱き揺れて 距離より遠く想う君が背
posted by 水風抱月 at 23:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蒼穹の風(題詠blog '07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

006:自転車(水風抱月)

誰よりも我が脚となる自転車の名を付け名を呼びまた風を狩る
posted by 水風抱月 at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蒼穹の風(題詠blog '07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

005:並(水風抱月)

なみなみとかつては注ぎし酒盃 老いたと笑う今は人並み
posted by 水風抱月 at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蒼穹の風(題詠blog '07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

004:キッチン(水風抱月)

 どんなだっけと一昨年を思い出す 母の背眺む真白きキッチン
posted by 水風抱月 at 04:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 蒼穹の風(題詠blog '07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

003:手紙(水風抱月)

 読み返し読み返しては書き直す 手紙よ繋げ遠き我が朋
posted by 水風抱月 at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蒼穹の風(題詠blog '07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

002:指(水風抱月)

願込めて月の面端をなぞる指 月よ墜つるな祈りの重さに

posted by 水風抱月 at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蒼穹の風(題詠blog '07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

001:風(水風抱月)

君想ふ心に過ぎるまほろばの風よ運べや運べや我が身
posted by 水風抱月 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蒼穹の風(題詠blog '07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

『題詠100首blog』に参加します(水風抱月)

 臥龍秘境が隠れ処へようこそおいで下さいました。
 放置気味の管理人、水風抱月(みなかぜほうげつ)と申します。

 このたび、急に狂うほど詩が詠みたくなり
 以前から気になっていたWeb上イベント(?)、『題詠100首blog』(題詠マラソン)に参加することにしました。

 どれだけ続けられるか、どこまで詠みきれるか……
 自分でも分かりませんが、出来る範囲で言葉を紡いで行きたいと思います。
posted by 水風抱月 at 00:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 蒼穹の風(題詠blog '07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。