2006年11月26日

酔月

 見上げた空の末 朽ちかける淡い月
 薄い刃の形して 橙色に灯る

 月求む視線の先 常に彼の光は在る
 時に雨の雲を切り裂いてさえ

 汝 愛するか吾を
 吾は汝を愛す


 けれど月よ 願うまい

 幾百の人の子の想う祈りが
 おそらくは汝を夜の彼方に追いやるのだ

 だから月よ せめて吾は
 そなたに願いは掛けまいと


 ただ光に酔い
 光に詠う

 重ねる杯は 汝
 孤独なる月の為めにこそ在れ
posted by 水風抱月 at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月に啼く龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28287078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。