2006年11月25日

夜毎の死

 闇夜は言霊を閉ざし
 星月夜は心を隠す 姦しき光の果て

 繰り返す輪廻
 すべては帰結して また展開する


 そのうちにある 面影
 忘れ難く 穏やかな

 微笑みと優しさを包む
 日だまりの向こうの 面差し


 『忘れ路の ゆくすえまでは かたければ……』
posted by 水風抱月 at 04:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月に啼く龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28218929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。