2009年11月30日

完走報告(水風抱月)

 終了間際の駆け込みとなってしまいましたが、どうにか完走することができました。
 参加三度目にして、初めての完走。
 なんとも温度差のある詠歌集となった感が否めません。

 読み返せば読み返すほど、もういっそ封印してしまいたいと思うような歌もちらほら。
 いやはや、お恥ずかしい。
 重ねての反省も含めつ、自身の歌、そして皆様の歌をじっくりと読み返すつもりです。


 とまれ……これにて100首完走。
 途中息切れも致しましたが、心地良い時間でありました。


 拙歌へ目を向けて下さった方々、
 Blogにて私の歌を取り上げて下さった方々、
 そして何より、企画・開催者である五十嵐きよみ様へ、
 心よりの感謝を捧げます。

 ありがとうございました。

posted by 水風抱月 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | 空樹の灯(題詠blog '09) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134290593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

水風抱月さんのうた
Excerpt: 水風抱月さんの歌から8首。 091:冬 冬枯れる舗道の木立人気無く都会の肋からからと鳴る 088:編 艶かなる黒髪編める母の指 耳朶を擽るかさつき愛し 077:屑 夜の内に氷雨は月の子らを射て..
Weblog: 車止めピロー
Tracked: 2009-12-10 21:15

水風抱月さんの歌
Excerpt: 題詠blog2009を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。 水風抱月さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。 ☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。 ..
Weblog: 麦太朗の題詠短歌
Tracked: 2009-12-14 18:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。