2009年11月06日

091:冬(水風抱月)

冬枯れる舗道の木立人気無く都会の肋からからと鳴る


posted by 水風抱月 at 02:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 空樹の灯(題詠blog '09) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 拙著、「一首を切り裂く」も、後残すところ九題とは相成りました。
 お題「091:冬」を折り込んでお詠みになられた御作への、絶大なるオマージュを、マイブログ「見沼田圃の畔から」に掲載させて頂きました。
 年の初めで、何かとご多忙中とは存じ上げますが、何卒、ご一読賜わり、ご感想なども賜わりたいと、お願い申し上げます。
Posted by 波佐間鉱磁 at 2010年01月09日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131104837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。