2011年08月31日

004:まさか(題詠blog2011 鑑賞)

 題詠blog2011に投稿されたお歌の中から、好きな歌を少しずつ書き留めておきます。

 「004:まさか(TB1〜257)」の中から、いくつか。
 ※お名前は敬称略となります。どうか御容赦ください。




紗都子(羽うさぎの日記帳)
あまさから苦さへ至る道すじを君におしえるカラメルソース


まるちゃん2323(まるちゃん2323のブログ)
夕空に君の面影溶けてゆくまさかの刻は漆黒の闇


あひる(あひるの空)
冬枯れの狭庭見やればたまさかに雪柳一輪咲くを認めむ


南野耕平(ボクといっしょに走りま専科)
その声がまさか自分の声だとは気付かないまま行き過ぎたのだ


たえなかすず(Strawberry Fields Forever)
非常口手すりに脱いだTシャツとあの夏の日がまさか愛とは


浅見塔子(衛星ドロップ)
雨落ちる土が溶けゆく過程にてまさか君の死を恐れるとは


小夜こなた(小夜こなた)
「想定外」「まさか」と呟く人間の奢りを哄う震災の痕


歌音(つむぐ)
ああ風だ あなたは花を抱いたままさか道くだるつむぐ音して


滝音(みそひともじの味噌スープ)
「まさか」って軽い言葉で消えないか友の訃報にぬれじゃくる夜


補足的、ぽつり。
posted by 水風抱月 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌鑑賞(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

003:細(題詠blog2011 鑑賞)

 題詠blog2011に投稿されたお歌の中から、好きな歌を少しずつ書き留めておきます。

 「003:細(TB1〜266)」の中から、いくつか。
 ※お名前は敬称略となります。どうか御容赦ください。




西巻真(ダストテイル−短歌と散文のブログ−)
細雨降り止まぬゆふがたあなたからわたしにとどく一本の針


富田林薫(カツオくんは永遠の小学生。)
昭和史をほどいてみれば群青のひかりのような飴細工あり


藍澄さねよし(ヨシナシノート。)
細菌のごとくひしめく人々も吾もレンズの底に居るなり


星川郁乃(Air Station)
ゆるぎない強くて細い線を引きたい定規など捨てたとしても


飯田彩乃(陸を離れる)
こんなにも細くて頼りないからだで降ること決意したのね 雨は


嵐家 昇(短歌という糸)
やせ細った父の体温抱きしめて凧は飛んでく鈍色のそら


勺 禰子 しゃく・ねこ(ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
細くない縁(えにし)と思ふ山麓のゆふやけが闇に変はりゆくとき


補足的、ぽつり。
posted by 水風抱月 at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌鑑賞(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。