2011年06月09日

060:直(水風抱月)

筆芯へ蟠る血の途惑いを引き延ばしたる直立不動


posted by 水風抱月 at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

059:騒(水風抱月)

君隠る胸の騒ぎを打ち棄てて夜毎聴きなむ吾のみの音


posted by 水風抱月 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。