2011年04月26日

051:漕(水風抱月)

千年の重きを漕げど舟尽きず哀しからずや岸辺のカロン


posted by 水風抱月 at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

050:酒(水風抱月)

ものみなは吾が朋なりし誘酔ひの月にも満つる酒精の琥珀


posted by 水風抱月 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

049:方法(水風抱月)

暁闇が証明方法縁取れる髪ひとすじの地平の在処


posted by 水風抱月 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

048:束(水風抱月)

剃刀のわれを裂かなむやさしさを覚束無くも恋ひてあらなむ


posted by 水風抱月 at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

雨の月夜に一首

雨音が近付いてくる気配して哀しからずや彼に照る月は


posted by 水風抱月 at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月に啼く龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

047:態(水風抱月)

言の葉の千姿万態選り分けて花とも実とも吾が霊とも


posted by 水風抱月 at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

046:奏(水風抱月)

天津風腕も無くて奏上の鐘のみ響く 海悖りくる


posted by 水風抱月 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

045:幼稚(水風抱月)

町失せて月夜は照らす幼稚子の笑みにも隠る星の滴を


posted by 水風抱月 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

044:護(水風抱月)

とこしえに匂い誇れよ奥羽路の護国の桜宴と開かば


posted by 水風抱月 at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

花見歌会にて

花霞水面の辻へ風立てばくくる夢路の船出を誘う

―― 題「たつ」



春惑う嵐の庭に月立ちて君待つ瀬にも触れる花先

―― 題「たつ」



わが光君にこそあれ真水鏡 闇為す淵の艶へと添えば

―― 題「鏡」



未来(みく)る間に繋げしいとの最果ては今と等しきものとかは知る

―― 題「未来」




補足
posted by 水風抱月 at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夕暮れの陽炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

043:寿(水風抱月)

祖母の手を握れば月日が皺と笑む 寿の字がわたしを包む


posted by 水風抱月 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

042:至(水風抱月)

此の國に産まれ生き来し至福あり浴みす湯船に揺らる一時


posted by 水風抱月 at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

041:さっぱり(水風抱月)

倖せが僕にはさっぱり見えなくてそれでも君の恋になりたい


posted by 水風抱月 at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

040:伝(水風抱月)

伝え聞く地の凄惨に息溢る 唯生きていた それだけなのに


posted by 水風抱月 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

039:庭(水風抱月)

酒汲みて明くる机上の庭雀 朝(あした)の歌を書き留めもせず


posted by 水風抱月 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

038:抱(水風抱月)

きみは未だ冬の腕に抱かれて笑み聲咲かず花開くとも


posted by 水風抱月 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

037:ポーズ(水風抱月)

静止画の如き窓辺にポーズしつ眸ばかりがわたしに挑む


posted by 水風抱月 at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水鏡の鳴(題詠blog '11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。